目への負担が少ない

これまで、カラコンというと完全におしゃれのために装着するものというイメージがありました。
しかし最近では、カラコンでありながら度入りのナチュラルカラコンも登場し、視力をアップさせながら自然にデカ目効果も得られると、ナチュラルカラコンは人気なんです。
ただ、元々視力が悪く、コンタクトを着用している人からすると、ナチュラルとは言えカラコンに対して不安を覚える人も多いかもしれません。
なぜなら着色されていないコンタクトでさえ目が乾き、目の疲れを感じている場合、黒目部分が着色されることによって更に目に負担がかかることは容易に想像できるからです。
カラコンにしろ普通のコンタクトにしろ、目に何かを入れている時点で裸眼よりは目に負担がかかります。
その中でも酸素透過率が高いものを選べば目への負担は軽減されます。
少し前まで、カラコンというと黒目部分にべったりと色素が入れられていて、見るからに酸素透過率が低いことはわかっていました。
最近のナチュラルカラコンは、黒目の縁部分だけ着色されていて、残りはグラデーションになっているものが人気です。
グラデーションで着色されているということは、べったりと着色されているものよりも酸素透過率がかなり高くなるので、目の渇きや不快感を感じにくいと人気なんですよ。
普段は度入りの普通のコンタクトを付けているけど、休日はナチュラルカラコンで可愛く見せたい、という人は1dayタイプのものを選ぶと目への負担が更に軽減されます。
1dayタイプのものは手入れの手間もなく、汚れが蓄積することもないので安全に続けられると人気なんです。